東大生のバレエ留学日記

留学生活中に体験したこと、考えたことなどを公開しています

【LIFE】トビタテ!を受けて得たものとは?~私が思う「仲間」と「失敗」の意味するところ~

こんばんは、バレエ留学中のなつこです。

 

今日は日曜日!バレエ学校の友達と現代美術展「MoMA展」に行ってきました。今、ニューヨークの現代美術館(the Museum of Modern Art, MoMA)が10月7日までメルボルンの美術館NGV(National Gallery of Victoria)に来ています。美術館って、日本の学生はあまり行かないイメージが強いですが、今日行ってみたら学生がたくさんいて、アートに積極的に関わろうとしている姿勢が素敵だなと感じました。


f:id:natsukozballetlife:20180909214019j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909214026j:image

↑入り口〜

 


f:id:natsukozballetlife:20180909222231j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222236j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222344j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222339j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222406j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222414j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222445j:image

f:id:natsukozballetlife:20180909222438j:image

↑見たことあるアートはありますか?😀

 

f:id:natsukozballetlife:20180909214325j:image

↑本物のNYみたい…!

 

f:id:natsukozballetlife:20180909222532j:image

↑“Art is a creation for the eye”

 

さてさて、本題に移りたいと思います。

 

トビタテとは?

正式には「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学 JAPAN 日本代表プログラム~」で、文部科学省と民間企業協働の奨学金制度です。試験は第一次の書類審査、第二次の個人面接・グループ面接です。二次審査は東京で行われました。詳しく知りたい方は以下のリンクを参照してください。留学考えている学生にとってもおすすめの制度です!

【文部科学省】トビタテ!留学JAPAN - その経験が、未来の自信。

 

その結果は…

私はトビタテに応募し、一次審査は通過したものの最終的に不合格でした。でも、結果を見たとき、落ち込みませんでした。自分でも不思議なぐらい、結果をすんなりと受け入れることができました。自分が思うような結果が出なかった時、いつもは落ち込んだり、悔しかったり、ネガティブな感情が襲ってくることが多かったのに、今回ばかりはむしろ心が軽かったのです。

おかしい、なぜ落ち込まないんだ?とずっと考えていたのですが、最近その答えが出ました。それは、トビタテを受けて得たものがあまりにも大きかったということです。

 

トビタテを受けて得たものとは

トビタテを受けて得たもの。それは「仲間」です。面接のグループが同じだった学生とはSNSで繋がっていて、その後大阪から東京まで会いに来てくれた子もいました。二次審査後には一次通過者のみが参加できる交流会があり、そこでも素敵な出会いがありました。この交流会で奇跡的に出会ったKくんとその彼女のIちゃんの話は、書けば1万字を超えてしまうので、今回は省きたいと思います。(いつかちゃんと文章にしたい。)

 

互いに夢を語り合い、今頑張っていることを共有し合い、悩みを打ち明け、時にはアドバイスし、時にはアドバイスされ、お互い頑張ろうと励まし合う。きれいごとばかりではなく、「本音で」話せる。それが私にとっての「仲間」です。目指している将来や方向性、好みがまるで違っていても、恥ずかしがらずに自分の夢を打ち明けられる。思っていることを怖がらずにぶつけられる。トビタテを受けたことで、私はそんな素敵な仲間に出会えました。だからトビタテに応募したことも不合格だったことも、決してマイナスなことだと感じなかったのだと思います。

 

不合格って、悪いことだけでしょうか。たしかに、「不合格」という字面だけ見れば失敗、マイナスなことかもしれません。でも、その結果に至るまでに得られたものがあるのなら、「不合格=失敗」だと私は思いません。世の中成功する者がいれば成功しない者もいるのが普通です。そして、おそらくこの先、敗北を経験することの方が成功することよりも多いです。そんな時、いちいち結果にとらわれていたらきっと前に進めません。結果はもちろん大事です。でも、その結果に至るまでの経験はもっと大事だと思います。なぜなら、経験はこれからの自分の糧になるから。こう思えるようになったのは、これまでにいろいろな経験をしてきたからかもしれません。例えばこんな経験【LIFE】コンプレックスだったフランスに住んでいた経験が、かけがえのない経験に - 東大生のバレエ留学日記

これからも結果を恐れず、たくさんのことに挑戦していきたいです!

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました♡