東大生のバレエ留学日記

留学生活中に体験したこと、考えたことなどを公開しています

【バレエ留学】バレエ学校での試験ってどうなっているの?〜そこで学んだ「強弱をつける」ということ〜

こんばんは、バレエ留学中のなつこです!

 

新しい一週間が始まりましたね!

地元の東京では、このくらいの時期になると各地でクリスマスに向けてイルミネーションが点灯したり、クリスマスツリーが飾られたり、「冬感」が増しますよね。今私が住んでいるメルボルンでも、クリスマスツリーやリース、イルミネーションをたくさんの場所で見ることができます。が、どうしても「季節感がないな」と感じてしまいます。今日だって、11月半ばなのに最高気温は32℃、溶けそうな暑さ。ずっと北半球でクリスマスを迎えてきた私にとっては、この気温では「クリスマス感」がないのも当然かもしれません。

 

さて、今日はバレエのお話。先週バレエ学校ではバレエの試験がありました。試験内容は、バーレッスン、センターレッスン、そしてポワントレッスンです。

 

★バーレッスンとは?みぞおち辺りの高さに、床と平行に設置された木の棒につかまって、バレエの動きをすること。バレエのレッスンは、毎回このバーレッスンから始まります。

★センターレッスンとは?その名の通り、バーにつかまらずにスタジオの真ん中でバレエの動きをすること。ゆったりとした動きから、回転、ジャンプまでその内容は多岐にわたります。

★ポワントレッスンとは?ポワントとは、先っぽが硬くなっていて、つま先立ちするトウシューズのこと。このポワントを履いて踊ることをポワントレッスンと呼んでいます。

イメージがつかめない方は、こちらの動画をご覧ください!

バーレッスンの参考動画→Vaganova Ballet Academy. Barre, Classical Dance Exam. Girls, 4th class. 2015 - YouTube

センターレッスンの参考動画→Vaganova Ballet Academy. Jumps, Classical Dance Exam. Girls, 4th class. 2015 - YouTube

 

普通のレッスンでは、バーレッスンもセンターレッスンもポワントも、毎回先生が振りを教えてくれて、生徒はその振りをその場で覚えて踊ります。つまり、レッスンごとに振りが毎回変わります。一方試験では、あらかじめ決められた振り付けを覚えて、それを審査員の先生の前で踊ります。

 

私たちは、担任の先生から振り付けを教わり、約1カ月半、毎日同じ内容のバーレッスン、センターレッスン、ポワントレッスンを練習し、試験に挑みました。あと数日で本番、という時期に、担任の先生が言っていたことが印象的だったので、書き留めておきたいと思います。

 

「料理を作るとき、一度にたくさんの種類のスパイスを使ったら、どのスパイスを強調したかったのかがわからず、味もぱっとしないでしょう?今回の試験のエクササイズの振り付けも、料理に入れるスパイスのようなものです。『このエクササイズではこの回転とこのジャンプを強調したいから、ほかのステップは色を付けすぎずにシンプルに踊ろう』。このように、エクササイズごとに自分は何を審査員に見せたいのかを考えてみましょう。」

 

全部を「見せる」必要はなくて、重要だと思う部分を強調しながら踊る。そこだけパラパラっとスパイスをふりかけたみたいに。

こうすることで踊りに「強弱」をつけることができるんです。

しかも、すべてのステップで100%の力を使わなくてもいいので、疲れにくく、踊りやすくなります。「頑張るステップ」と「そこまで頑張らないステップ」とに分ける、の方がわかりやすいかな。実践してみて本当に踊りやすくなったので、バレエやっている人はぜひ試してみてください!

 

バレエやってないから関係ない、よくわからないと思った方!プレゼンを例えに考えてみましょう。

プレゼンの準備をするときは、「何を伝えたいか」をまず第一に考えますよね。「説明」は、その「伝えたいこと」を導くために付け加えます。そして発表する時は、「一番伝えたいこと」を強調するために、少し声を張り上げたり、ジェスチャーを加えたりするわけです。バレエも同じで、「強調するステップ」と「それ以外のステップ」を意識することで、相手に何を表現したいかが伝わりやすくなる、ということです。

 

バレエ学校に留学して、「バレエで習うことの中には、バレエ以外の場面で役立つことがたくさんある」ということを一層強く感じています。そんな貴重な経験を、ブログを通して皆さんにもっと共有できればいいなと思っています。

 

↓試験直後、クラスメイトと。名付けて「喜びの舞」♪

f:id:natsukozballetlife:20181119203255j:image

今日も読んでいただきありがとうございました!次回もお楽しみに☺