東大生のバレエ留学日記

留学生活中に体験したこと、考えたことなどを公開しています

【ケアンズ旅行記】第3弾~エメラルドの海に囲まれたグリーン島~

こんばんは!なつこです。

 

今日はコンテンポラリーダンスのレッスンがありました!コンテンポラリーダンスはバレエを基礎にしたダンスで、実は定義づけははっきりしていません。これといった型がないのでとても自由で、私はけっこう好きです。例えば、以下の動画を見比べてみてください。女優の土屋太鳳さんが踊っている作品と、バレエダンサーのシルヴィ・ギエムさんが踊っている作品です。テイストは違いますがどちらもコンテンポラリーダンスです。

土屋太鳳さんの動画→Sia 『アライヴ feat. 土屋太鳳 / Alive feat. Tao Tsuchiya』 - YouTube

シルヴィ・ギエムさんの動画→ボレロ シルビ・ギエム Bolero Sylvie Guillem - YouTube

今日はペアになって、互いの身体の接触を利用してパートナーを自分の背中に乗ったり持ち上げたりしました。スムーズな動きに見せるためには互いの呼吸を合わせて、信頼し合う必要があります。もちろん踊っている最中は話せないので、「せーの!」とか「行くよ!」とか、声を出してタイミングを合わせることはできません。パートナーの身体の重みを感じたら背中に乗せる、みたいに互いの身体の触れ合いからタイミングを推し量る必要があるわけです。うまくいくと動きが流れるようになめらかで、踊っている側もとても気持ちよかったです!

 

さてさて、今日はケアンズ旅行記第3弾です!ケアンズ旅行3日目はグリーン島に行ってきました!

f:id:natsukozballetlife:20180816201840j:image

旅行記第1弾はこちら→【ケアンズ旅行記】第1弾~自然を堪能できるタリー川ラフティング~ - 東大生のバレエ留学日記

旅行記第2弾はこちら→【ケアンズ旅行記】第2弾~ラピュタのモデルになった!?パロネラパーク~ - 東大生のバレエ留学日記

ケアンズ熱帯雨林だけでなく、グレートバリアリーフがあることでも有名です。そして、このグレートバリアリーフを間近で見れる場所で最も有名なのが、グリーン島です。ケアンズのリーフ・フリート・ターミナルという港から船で約45分のところにあります。港に向かうまでは雨が降っていたのですが、グリーン島についたら嘘だったかのように晴れました!

現地では、グラスボトムボート(底がガラス張りになっているボート)に乗ってサンゴや魚を見るアクティビティーと、スキューバダイビングをしました!

f:id:natsukozballetlife:20180816201023j:image

↑これがグラスボトムボート。

f:id:natsukozballetlife:20180816201041j:image

↑カラフルなお魚が!写真撮り忘れましたがウミガメも何匹かいました!

f:id:natsukozballetlife:20180816201032j:image

↑エサを投げると一斉に群がるカモメ🕊

 

実はスキューバダイビングは数年前に家族でグアムに行ったときにやったことがあるのですが、比べ物にならないぐらいケアンズの海はきれいでした。色とりどりの魚に、いろんな形のサンゴ。運よくウミガメにも会えて、海の中を少し案内してもらいました。後ろから見ると泳いでる姿が手を振っているように見えて、あたたかい気持ちになりました。

f:id:natsukozballetlife:20180816201531j:image

死ぬまでに行きたいところリストに挙げていたグレートバリアリーフを、この目で見ることができて大満足です♪

f:id:natsukozballetlife:20180816201630j:image

私は、海のザーッという音が好きです。聴いていると、なんだか心の中が静かになります。そして、自分がどこにいるか忘れてしまうぐらい、音と一緒に景色の中に自分が溶け込んでいく感覚に陥ります。現実から解放される感じです。

なーんにも考えなくていい時間。日常世界から飛び出してもいい時間。そういう時間を、大切にしたいです。

f:id:natsukozballetlife:20180816201747j:image

この写真、よーく見てみてください。雲に隠れている「あるもの」が見えるはずです。♡

 

今日も読んでいただきありがとうございました!